なんか、飛んでる。

misfire10.exblog.jp

2017年 05月 13日 ( 1 )

愛の為に鐘を鳴らすの

歌詞を何も見ない状態で、まず、印象深かったのが、
クリーチャーのこのフレーズだった。
メロディについては、もう一曲目から。
(よく考えると、いきなりデザートってのが面白い。)
ラララララってとこでSOADを連想する私。



アルバム、何度も聴いていると、脳内リピートが始まる。
一聴して重めな春は彼方が気に入ったけど、だんだんうつりかわる。

ほんとに、じわじわきた。
間奏とかコーラスの浮遊感が切なく、胸にくる曲が多い。
音量高めにして聴くと心地よい。

クリーチャーめっちゃかっこいい。
2曲目に好きな曲がくることがあんまりなかったから、意外性もあって。
昔の私(今もそうかもしれないけど)は、
チリヌルにこういう詞の世界観を求めてたと思う。
シダレザクラ、曲も詞も素敵。
浮キつ沈ミつはストレートな感情の吐露が、
ガツンときて、頭から離れない。
これを、共感ていうのかな。かっこいい。すごい好き。
空想都市はユウさんぽい。
あと、怒りの筆先は紫紺ノイズっぽいリズム。
想像だけど、演奏している時が楽しそう。
ベテラン3人だからこそできるコンビネーション?
爆発的エネルギーで突き抜けてる感じが心地よい。

毎度のことながら、チリヌル最高。

今のところ
浮キつ沈ミつ、クリーチャー、シダレザクラの順で再生回数多し。


[PR]
by satten0324 | 2017-05-13 19:47 | Trackback | Comments(0)