なんか、飛んでる。

misfire10.exblog.jp

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

3hour疾走失踪

3時間ほどちゃりをこぎ続けました。外出するなって大学側は言ってましたが無視(笑)


理由は特にありません。今日は天気がよくて気持ちよかったです。


とりあえず気の向くまま平田あたり?を適当に走ったあと、結局庭坂の免許センターまで行って帰ってきました。のろのろですけどね。所詮私。でもいい運動になりました…。




ところでアルカラ(特に下上さん・笑)はやっぱりカッコいい!!(人・∀・)今日も午前中DVD鑑賞です。はぅ…。そのうち歌詞とか載せちゃいますよー!この感動を色んな人に伝えてしまえ。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-29 22:03 | Comments(2)

はしかのばかやろお

休講だって。二週間とかばかじゃない。全ての日程ずれこんでこれからどうしたらいいんだ。

More
[PR]
by satten0324 | 2007-05-28 19:38 | Comments(3)

エキサイト面白いな。

つぶやきサービス始まったって・・・。笑

なんだろう、今までにないサービスですよね。

試しにつぶやいてみた。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-27 20:53 | Trackback | Comments(0)

さよならは言わない

だから手を振った…



あ、あ~。




人間は支えがなかったら生きてゆけないよ。





この場に乗り合わせている人達はみなそれぞれの事情があって福島へと行くのだろう。



みな今なにを思うのだろう。



私は不安でしょうがないよ。

自分の道もそうだけど、大学3年っていう今だけは許してもらえないのかな。将来以外に、自分の中の精神的安定なんて…。


こう思うのは甘いことなんだろう。自己中だから、こんなこと考えてしまう。


今バイトもしてないくせに、使いたいってことばかりで。なんか、いい身分だなぁ自分って…。


いまだに時々Mさんの夢をみるよ。


うちではバイトやめて明るくなったねって喜ばれるけど、自分の中身なにか変わったのかな?


かろうじて、集中力は高まってきたかもしれない。けどこれから、自分が決めたことを…乗り越えていけるのか。


一度納得したはずなのに弱々しい。


何かやらなきゃ、私も頑張らなきゃいけないと、あとで後悔しても引き返すことはできないと。


辞めるものが次々と重なった時期、自分の価値とか何もわからなくなったよ。

何も考えられないただのバカだと思ったよ。


それでも、こんな私でも大切にしてくれる人達がいて、今でも変わりなく慕ってくれる後輩がいて。


一人になんてなれない。

もう何も失いたくない。みんな大切にしたい。
自分に嘘もつきたくないし、言い訳とかもしたくない。そうならないようには、負けないしかないんだな。きっと。環境は恵まれてるんだから…。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-26 22:16 | Comments(0)

ワーキングプアに共感し

5コマの番組をみて感じた心の痛みも忘れてしまうほどにショックなできごと。

どーーーーーん


30分くらい目の前の体重計と格闘してました。笑
ひたすらのぼりおり50回くらいしましたかね、たぶん。

目標値に到達しませんでした。

逆に若干増加しました。
まぁ一応毎日計ってますけどね。

もうでぶです。私はいったい何をやってるんだか。


こんなとき頭に流れたHow crazy、この一節!!




「そんなんじゃ~だめ 納得もでーきない」




なんかコレ体重に置き換えたら・・・・ちょっと笑い話だな(・∀・)

すっごい真剣な歌なのに・・・

いや、もちろん真剣ですけど。

なんかダメだな~せつなくなるよん。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-25 00:43 | Trackback | Comments(0)

さい○う先生にご挨拶

夕方、学校の駐車場にて懐かしきSとう先生と再会しました。


「あ~…もう少しで思い出せそうだ」
「は○がわです」
「あ~は○がわさんね。あれ、俺の授業?!」


~中略~


「生きにくい世の中になったね」


…略しすぎました。(笑)

驚いた点→

先生が一人称に「俺」をもちいたこと。

生きにくい世の中…深い。。。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-23 18:01 | Comments(4)

今朝のどうでもいいけど鮮明すぎる夢

まぶしい太陽。大きな雲が次々と、流れていく。

雲間から見える空の色は薄い水色。

時間帯的には早朝、朝7時くらい。




そう、その中心にいたのは間違いなくあの人物だった。


彼らは雑談をしていた。

なぜか「YUIの声はイイ」という話になりその場がちょっと盛り上がった。

少し沈黙があった。

あの人物は、ふいに


「YUIフリーク・・・」


とふふんと鼻で笑った。半ば苦笑気味に。




木造建築の建物の二階、窓辺に立っているのは私。


そして彼らは外にいて集団でそれを話しているのだが、


なぜかはっきりと聞こえていたのである。

More
[PR]
by satten0324 | 2007-05-20 22:51 | Trackback | Comments(0)

なんだかよくわからないしかし

ものすごく前向きな気分。

あぁ眠い…もう寝よう。今日は爆笑もしたし、充実した1日だった。。。


関係ないけど急に「心の旅」が聴きたくなってきた。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-19 01:35 | Comments(0)

思ってることと

違うことが口から出る。
この矛盾が苦しい…。

あと、自分頭で考えるより先に口がでてしまう傾向があるみたいだ。(人に聞くっていう)

だけどこれに関しては、この前の出来事のお陰で見直すことができたかもしれない。

頑張らないと。怒られたこと無駄にしないように。これからに生かしていこう。同じことはもう繰り返さない、大丈夫…と自分に言い聞かせてみたりする。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-13 22:29 | Comments(0)

あの事故から1週間

まさにファイナルデッドコースターでしたね・・・。


亡くなったときの状況とかテレビで何度も見ましたよ。

新アトラクション建設のために車軸の点検が見送られてた、とか。

実際に同じ車両に乗り合わせていた人たちは、
きっとトラウマになっているんじゃないかと思う。


目の前であんな事故が起こったら・・・。

想像できない。というかしたくない。現場はどれだけ悲惨だったんだろう?
2、3両目に乗った人たちは亡くなった人のグループ。



亡くなった人のお焼香、ランドの社長さんはさせてもらえなかったとのこと。

謝罪会見、本当に申し訳なさそうに見えた。

かばうように見えるかもしれないけど。

1回の点検にかかる費用は莫大。

・・・でも、100%の安全がなければいけない。

コースターは自分の意思じゃどうにもできない。

いざというときに逃げ出すこともできない。


ずさんさ・・・というか、それもあるとは思うけど、
何より遊園地の維持って大変なものだな、とそれを知った。

それが大規模であればあるほど。

目玉となるアトラクションが多いほど。

人の手でつくられた金属。

完璧なことはないはずなのに、それでも自分は大丈夫なんて思ってる。

きっと被害者もこんなことになるなんて思わなかったはず。


みんなが傷ついた。

お客さんもだけど、これを考案・設計した人も、運営していた人も。

風神雷神Ⅱ自身だって、もっとこれからも色んな人たちを乗せて楽しませたかったって思ってるんじゃないか。

だってあの人が乗る前の回まで、悲鳴あげながらも限界まで頑張って頑張って・・・。

そして、とうとうそれを超えてしまった。

せつない。せつなすぎる。

きっと苦しかったんだ。痛いのに、気づいてもらえなくて、

それでも働きつづけて。

結果こんなことになって、事故車両はクレーンで吊り上げられて撤去されて・・・

そんな光景が、なんだか浮かんでくるようで。


そう、なんか衝突事故の車が撤去されてるときとかそういうのを見たときと似てる。

ガラス粉々になって、正面ベッコリで原型とどめてなくて。


車って、なんか顔に見えますよね。

そういうの見るとだからどうしても車が泣いてるようにみえる。


結局人の手で作られた機械にすぎない。
なのに、感情とかないとかわかってても、
小さい頃から妙に物そのものに感情移入してしまう。

ゴミ箱に捨てたものとか、これから焼かれるんだとか考えると捨てられなかった。
紙がかわいそうだった。
本とかちょっとでも乱暴に扱ったあとは「ごめんね」という気持ちでいっぱいだった。
いらいらして物にあたってしまったときなんて、我に帰って申し訳なくて泣いてたような気がする。
あと食べ物か・・・。吐くの大嫌いだったのはたぶんそのせいかもしれない。


最近はそういうふうに感じることが少なかったから、(捨てる、ことに慣れたのか?)
久しぶりだ、こんな気持ちになるのって。

こんなことかいてるとなんか妹に笑われそうな気がする・・・。
いや、べつにいいんだ、ほんとのことだ。


事故とかの背景にあるのは人間だって、事故車だって怪我しているのは人間だって、それはそれでわかっている。

そう、わかってるんだ。

だけど、なんていうのかな~こういうの・・・。


私っておかしいんですかね?



結局何言いたかったんだっけ?

あぁそうだ、風神雷神Ⅱのことだった。

でも収拾つかないから、ここで終わろう(笑)


あ~でも(笑)なんかで締めくくっていいんだろうか。

そんなつもりなかった、真剣な話なのに。


あ、どんどんまた脱線方向に。

もういいや。
[PR]
by satten0324 | 2007-05-12 22:29 | Trackback | Comments(2)