なんか、飛んでる。

misfire10.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

思うこと

感情が揺れ動くときが多い。

1日の間でも波が激しい。

私が変わらなければ、これから先何も変わらない。

もらった助言は活かさなければ。

自信のなさの原因はとある一点に集中している。

それが中途半端だったから、私は色んなことを棒に振ってきた。

自分を偽ってきた。

逆にそれさえできればまた胸を張れる、かもしれない。

これ以上人に迷惑をかけたくない。





中通りは大雨注意報(警報?)が出ている。
[PR]
by satten0324 | 2009-07-26 22:14 | Trackback | Comments(0)

些細な日常



昨日の午後4時半頃、病院の帰り道、私はチャリをこいでいました。

天気予報は「弱雨」ということだったので、まさかあんなに降るとは思いませんでした。



突然雷がゴロゴロ上空で鳴り始めて信号待ちをしながら思わず「ぎゃあっ」と言ってしまい、

その後出しすぎたシャワーみたいなものすごい勢いで雨が降り始めたのです。

あっという間に全身ずぶ濡れ状態。

メガネは無数の水滴で覆い尽くされ、前が見えなくなりました。

前髪は綺麗に二つに分かれ、ジーンズは水を吸って色濃く重く。

雷が落ちるのが怖かったので、できる限りの低姿勢でチャリをこぎ続けました。



その状態が続くこと10分ほどか、

だんだん私はこの状態が気持ちよく思えてきました。

流れていく景色が真っ白で、肌を打つ雨の強さが、

どこか、非日常的なスリルを感じさせてくれました。

雨はそれほど冷たくなくて、むしろ温かくて。

「あーもうこのまま滑ってどっかに転がってもいいや」的な、

それでいて「私は今生きてるんだ」という実感をくれました。
[PR]
by satten0324 | 2009-07-25 23:10 | Trackback | Comments(0)

2009.7.5 vol.2

先日、ある人と会いました。

元気そうで安心しました。

途中イラッとする場面もありました。

その人の過去のこと、今あの場所がどうなっているのか、など色々知りました。

初耳だった話もあって、妙に納得したり、驚いたり、やっぱりそうかと思ったり。

話の中に出てきた人達は遠い世界に行ってしまったようで、

もうこれから先会うことはないように思いました。
[PR]
by satten0324 | 2009-07-05 12:03 | Trackback | Comments(0)

コンロの火

コンロの火を見ていると思う。

綺麗な色だなと。

吸い込まれそうになる青。


そしてやはり頭をよぎるのは瑠璃色。



温度は赤よりも瑠璃色のほうが高い。

瑠璃色はもっと濃い青だと思うけれども、私はここに瑠璃色をみた。


そういうことにする。


赤よりも熱い。燃え滾る瑠璃色の炎。



なんだっていいから瑠璃色のように狂気気味に一直線に大きなスケールで生きたい。


早く。早く。

昨夜は夢を見て泣いたのだろうか目が見えない。


いまだにしょっちゅう熱あり状態を繰り返している情けないさってんより
[PR]
by satten0324 | 2009-07-05 11:15 | Trackback | Comments(0)