なんか、飛んでる。

misfire10.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

空が鳴っている

…じゃなくて虫が鳴いている。


そうだね。ちっとも面白くないね。


無理やりこうやって曲名縛りのタイトル続けてきたけど、あんましっくりこないことが多い。


そろそろ壊れてきた。
[PR]
by satten0324 | 2012-08-24 00:54 | Comments(0)

ビコーズ・ザ・ナイト

こんなに、
こんなに、、

ダメ人間でも、これからもその「いつか」のために、生きてたいって思えた

そして、生きててよかった

一生ついていきます
[PR]
by satten0324 | 2012-08-09 00:57 | Comments(2)

Sun Myself

続けて古川選手の銀メダルおめでとうございます。

今回は、ネット中継とNHKというばっちりリアルタイムでの放送をみれました。

韓国の強さは圧倒的ですね。
オランダの選手との準決勝はあの接戦。
ハイレベルな戦いでした。
古川選手は、みている私たちの期待に応えてくれていました。


陽炎で揺らめく緑の芝生。揺れ動くサイト。そしてそこを通して写る的。
当たる時は、ぶれず、実際の距離より近く見えていたように思います。

結婚して子どももいる友人の言葉は「もう10年前」。
もう、です。

はあ、いつのまに、そんなになったろう?

たぶん、いまだ昨日のようにあのときの景色、苦しさ、その他諸々思い出せるのは、「そういうこと」なんだろうと思います。

やっぱり、なんだかんだで弓好きなんだな。
今回のオリンピック以外でも何かの拍子に文字やら実物やらが出ればいつも注目してしまうし、人がやってるのをこうやって見るだけでも好きなんだなー。笑

というわけで、そのうちまたmixiの日記にでも、片付けをしていてふと甦った思い出話を書くかもしれません。




あ、そうだ。あと体操の内村選手の演技。

特に、あの跳馬を見たときは、鳥肌が立ちました。

飛ぶ前のあのラインを見据えた視線?仕草?も。
・・・あれは現実のことじゃなくて、時の止まったような、画のような光景でしたね。

団体での、18歳の加藤選手?も、それまでの空気の悪さ(なんとなくそう感じた)を払拭するような地のついた感じの演技で、あのプレッシャーの中、ただただ・・・すごいなーと思いました。
[PR]
by satten0324 | 2012-08-04 23:16 | Trackback | Comments(0)

夏の日の午後

アーチェリー銅メダルおめでとうございます。

友人も書いてましたが、元競技者としても嬉しいニュースです。
これをきっかけにこの競技が一般に浸透したらいいなと思います。

ただ、蟹江選手ばかり取り上げて、しかもルックスからゆるキャラ扱いしていたのがどうにも許せないのですが。

ゆるキャラってそもそも人間じゃないですよね?

あそこにたどり着くまでどれほどのトレーニング、研究、練習、大会経験を重ねてきたか、分かりません。

選手はみなそうです。

決して、集中力さえあればインドア派でも誰でもできる簡単なスポーツ、ではないです。

メンバー全員、ちゃんと平等に報道してほしい・・・
[PR]
by satten0324 | 2012-08-01 21:22 | Trackback | Comments(0)