なんか、飛んでる。

misfire10.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

追伸

口元に変なニキビできた
いじっちゃうから治らない

いってもどうにもならないことは飲み込むしかない
悔しくて悔しくて
痛いほど伝わるから、他人だからストレートにいわないだけで
もうどう見られてるかも知ってる
わかってるわかってるから
もう言わないでください

あのときの気持ちにどうやったら戻れる?
もうこの打たれ弱さでやっていける自信ありません
自分でもびっくりするくらい、今日は酷かった
雨の日はろくなことがないなぁ
みんな日々生きてる中どうやって弱音いわないでいられるんだろうなぁ

別にもう同世代の人たちみたいなことは無理だから望んでないなぁ
誰かと一緒にいるのが向かない
迷惑かけるだけ
自分自身のこの先さえ見えないのに

いつか追伸みたいに今をあの頃って振り返ることができるんだろうかハハハ・・・
[PR]
by satten0324 | 2012-09-29 00:41 | Trackback | Comments(0)

Double Fantasy

ヒダカフェッド、予定通り解散してしまった。

初めてあの曲をあのビル?で聴いたときの高揚感。
ジャケットのイラストそのままの、サビの広がる都会の夜の大人っぽいイメージ。PVは朝なんだけども。
忘れられない。

マイスペにガロウがあるのは知ってたけど、今も細めにブログを更新されていたとは知らず。アーティスト写真はヒダカフェッドなのだが。

新鮮な気持ちで読んでみると、オフィシャルブログよりもこちらの方が、ヒダカさんの本音がより濃くより深く滲み出ているようで、面白い。

「英語の発音がどうこうって文句いう人ほど、英語を理解してないし、話そうとしていない。」というニュアンスの文面にはなるほど〜と思ってしまった。たしかに、地域によって訛りもあるし、違いはあるよなあ。私は恥ずかしながらアメリカ英語とイギリス英語の違いもよくわかんないけど。ビークルでの英語は、日本のリスナーに向けての英語、それは表現のひとつ。ユーモア含む。らしい。メッセージが伝わることが第一。英詞で歌う日本のバンドは多いけど、英語の表現が多様化されているものだと分かっていれば、「発音が正しくない」なんてつまらない観点の束縛から解放されて、もっと自由に音楽を楽しめる気がするなあ。私も、昔は日本人が英語歌うのってなんで?って思ってあんまり好きじゃなかったので。もし今同じようにこだわりをもっている人がいたら少しもったいないかも、とも思う。今は普通にどっちも好きだから、というかわりといろんなものが好きになった感じがするな(笑)


…しかし、もったいないって、人のこといえる立場じゃないんだ。音楽のことでなく。いや、音楽も含めてか。バカだほんとに。ミクシとか自分にはもう無意味だからいい加減止めようと思うのに、結局止められない。人の誘いもほとんど断って、進んだかと思えば戻ってしまい、自信のなさにもどうしようもないとこまで来ちゃって、この先もうよくわかんなくて、親孝行もできなくて、なんも出来ない人間で、決断力がなくて、不細工で、ろくなことしなくて、なんだよもう。
[PR]
by satten0324 | 2012-09-26 01:34 | Comments(0)

転がる岩、君に朝が降る

迷って迷って
祈って祈って
こんな中身のない更新をして


ローリング
ローリング・・・
[PR]
by satten0324 | 2012-09-22 00:29 | Trackback | Comments(0)

Andy Warhol

また、どうでもいい夢の話ですが。

昨日のがまた、妙にリアルで。
意識では夢だって分かってるのに、そうでないことを信じていて、夢から覚めていくときが、幽体離脱から自分の体に戻るような、さびしくて仕方ないそんな感じですかね。幽体離脱したことないけど。

とにかくこんなの、もう、いい加減にしなさいって、思うんですね。

ありもしない事実がそこに。最悪か?最悪なんだろうな。前に友人がいっていたことは、今でもふと思い出して、必ずしもそうとは限らないのではないか?と問いかけて、確信するのです。そうやって、何のためにもならないまま、理由をつけて、今となってはバカみたいな空気ばかりが再生されて止まらなくなってくるみたいです。
[PR]
by satten0324 | 2012-09-18 01:12 | Comments(0)

BE MY WIFE

結婚願望ない、という人はいい人が見つかったら、あっさり結婚する気がする。



そういやオトダマの怒髪天ステージで、まさかのヒダカさんとタロウちゃんが肩を組んでBE MY WIFEをやったらしい。

音楽活動でもツイッターでも、全く交流を避けているように見えた二人…が、笑顔で一緒にやっていたときいて、たまらなく、切なくなったのだった。

ビークル時代から観てる人なんて感無量だろうな。うらやますぃ。
[PR]
by satten0324 | 2012-09-09 20:23 | Trackback | Comments(0)