なんか、飛んでる。

misfire10.exblog.jp

ノンフィクション

今作は、また軽々と前作を超えてしまった。
総じて、好きである。
このアルバムの音、構成、全てが。

毎年この時期になると、重圧+チリヌルの新譜という、
交感神経が刺激される出来事が連続する。

エレメント・・・打ち込み全開。これ初めてじゃないかな?
        チリヌルと思えない、次元の異なるカッコよさ。
        疾走感溢れるメロディ。
        ただ、あえて「30を超えたら」、を入れてほしかった。笑
        まぁ、ユウさんの悟る時期が30手前だったんだな、きっと。

飾らぬヒト・・・詞、歌いまわし、
        タイトルの印象からもっとポップな曲かと思ってたから、
        いい意味で裏切られた感満載。
        このアルバムでの「和っぽさ」でいったらこの曲が一番かも。
        聴けば聴くほどよい! 

ノンフィクション・・・良メロで、音は他の曲よりシンプルな感じするけど、
           散りばめられている言葉ひとつひとつが素敵で、
           かつ、捉えどころのない感じがする。
           「おとぎ話にどんな夢を描こうとも 
            そこに実在しているだけで理由がつく」
            そんな発想したことなかったよ。
            でも、「許すこと」ってなんだろう・・・。
           ユウさんこれは何を表してるんでしょうか。
           じわじわくる。気がつけばリピートしている。

極楽浄土・・・イントロのギターリフのおしゃれ感にまずはっとする。
       作りこまれた感ある。その後、PVも見て色々考えた。
       PVみたら、強烈すぎてもうそれしか頭に浮かばない。
       ここでの浄土は、現実世界。

しがないPLAYER・・・社会人的スリリングな日常。
             普通に聴けばかっこいい。
             歌詞を見て、ニヤニヤする。
             最近、出勤が少し楽になった。
             大真面目に歌うのがかっこいいのだ、これを。
             そうか、GOGOにも近いんだ、
             このユーモアあふれる感じは。
             ミュージシャンって休日とか曜日の感覚あるのかしら?

馴レ初メ・・・いつも新譜を最初に聴くときは、
       歌詞カードを追いかけて聴くことはしないんだけども。
       その状態で聴いて、ダントツでぐっときた。
       疲れた日々に差し込む唯一の光・・・・
       一変するサビの空気感、歌詞の並べ方、「君」への一途さ・・・
       こんな切なくて、幸福に包まれる曲はなかなかない。
       ライブで聴いたらたぶん泣く。

ある人生・・・ もう一つのタイトル曲だ。感動的な閉幕。
        歌いかたの揺らぎ方が、感情移入してて好き。
         

コラムを読んで思ったけど、
「ノンフィクション」ってこの2曲だけじゃなくて、
ユウさんの世界が全部そうなんだね。
そして、生と死が変わらぬテーマが根底にあると。

イロハでいうと、馴レ初メがヨスガ、
ある人生がなずきに似ているような気がする。
それよりもっと月日を重ねて現実感が伴い、
今を生きている強いイメージ。

そんな構成のこのアルバムが、良くないわけがない。
極楽浄土の元イメージであるユウさんっぽさも気になりはする。
ループ的な曲ってチリヌルではなかったっけか?
ふたしかたしかも繰り返しってイメージではあったな。



[PR]
# by satten0324 | 2018-05-20 20:10 | Trackback | Comments(0)

Lemon

先週のアンナチュラル、悲しくて心がざわつくというか、
自分まで憎悪を駆り立てられるというか、
刺されてもなお、自分は悪くないと言い張る、殺人者。
救われない・・・
大切な人は戻ってこない。

今朝みた夢が鮮明すぎて、
ついどういうことかと調べた。

それによると、覚めぬうち(3日以内)にそのままにせずに行動せよ、
とのことだが、そんなことできるわけなく。
これでも、自分の立場をわきまえてるつもりだ。

でも、もしそれが本当なら、何を伝えたいのか知りたい、とは思う。



[PR]
# by satten0324 | 2018-02-12 19:42 | Trackback | Comments(0)

堂々巡り


●東京都美術館 ゴッホ展
 「ポプラ林の中の二人」なんだか妙に目が離せず、この絵の続きを知りたい、と強く感じた。後で日本初公開の作品だったと知った。
 「種まく人」「タラスコンの乗合馬車」「ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋」「寝室」
e0051495_16153792.jpg

●サダハル・アオキ・パリ
 クリスマスまでの限定プレートで至福のひととき。
 デギュスタシオンロワイヤル ノエル (¥2,310)
 +ポム キャラメル(¥840)
e0051495_16371197.jpg
●松屋銀座
 ショーウィンドウのムーミンの飾り付けがかわいらしく思わずパシャリ。
e0051495_16414696.jpg
●東京ステーションギャラリー シャガール展
 とても楽しみにしていたのに、苦い思い出になってしまった。
 「青い羽根と振り子時計」「回想」「逆さ世界のヴァイオリン弾き」「十字架降下」「のけぞる男」 
e0051495_16302967.jpg


●東京キネマ倶楽部 チリヌルヲワカ堂々巡り2017 
 今年最後のワンマンLIVE
e0051495_16305825.jpg
    【セトリ】
     再生可能
     作りかけの歌
     ドルチェ

     みずいろの恋
     浮キつ沈ミつ
     空蝉

     やまみちにて・・・
     it
     天邪鬼
     姫事

     シガー
     永久ーとこしえー
     春は彼方

     ひとみごくう
     マシーン
     シーホース
     松の木藤の花
     空想都市
     ホワイトホール

    en)
     怒りの筆先
     カスガイ

    en.2)
     アヲアヲ
     ヨスガ

[PR]
# by satten0324 | 2017-12-04 17:25 | Trackback | Comments(0)

If you wanna

最近嬉しかったこと。

買い出しに行ったら偶然知り合いの人と会った。
「うわ!見つかった!」と言われた。
私もカゴに南部せんべいだの豆大福だのいれていたので、
「うわ!」と同じく思った。野菜、埋もれてた。
小?中?学生くらいの娘さんと一緒で、
上目遣いで「こんにちは。」とちょこんと頭を下げられた。
知らない人にも自分から挨拶するなんて、
小さい子と接する機会が滅多にないけど、ちゃんとしつけられてるんだな、偉いなと思った。
せっかく家族で買い物してるのに出くわしてごめんなさい、と思いながら、
私も一言「こんにちは」と返し、しばらくその場で雑談した。

後日、その人に会うと、
私と別れた後、いつも誰にでも人懐こいらしい娘さんが大人しかったので、
なんでか聞いたそうだ。そしたら、
「誰?きれいな人で、緊張してちゃんと挨拶できなかった」
と言ってくれたらしい。

びっくりして、一週間くらいハイテンションだった。
たまにきれいだとか褒められると調子に乗る。


[PR]
# by satten0324 | 2017-09-17 22:22 | Trackback | Comments(0)

セラミックガール

初めてGAME聴いたとき、
アイドルってきいたらそれだけであんまりピンとこなくて
(学生時代)
なんでこんなに良いものを、素直に良いと思えなかったのだろう。
もはや、今は、perfumeは生活の一部です。

タラレバの最終巻は、自分でも驚いたけど、
少し、ほろりときました。

[PR]
# by satten0324 | 2017-09-10 20:42 | Trackback | Comments(0)

君の名は。

結局、4回も観てしまった。
BDのメニュー画面で流れるあの曲やら
作中のインストがたまらなく、
今日、サントラも借りにいった。
御神体へ再びあたりから延々リピート。

君の名はを観ている間だけ、
日常の、嫌なことつらいこと忘れられた。
ありがとう。


ところで、なんだか時間が経って色々考えてしまったので、
書いてみる。

私は今から3年前の今頃、(立ち入りの許可を得た上で、)浜のほうへいったことがある。

ボロボロになって、不自然に折れ曲がった電柱、構内でフロント部分がぶつかったまま放置された車がある富岡駅や、原発が見える距離にある、屋根がところどころ抜けおちて骨組だけが残り、窓がなくなって書類が置かれたままになっている室内の状態まで見通せてしまう巨大な水産試験場、横倒しになったままの船と白と水色のガレキ、一階部分がなくなっても建っている集合住宅らしき建物がぽつぽつ建っているほかは一面緑に覆われた請戸漁港。

とても晴れた日だった。
私達以外に人の姿はなく、ただ気持ちの良い風だけが吹いていた。

たきが初めて糸守町に降り立ったときの風景で、そのときのことを少し思い出した。
自然災害の大きさを改めて知った日だった。
きっと故郷を重ねて、観た人もいたのではないかと思う。


・・・あのときの気持ち、何に生かせているんだろう、今。


[PR]
# by satten0324 | 2017-08-14 00:08 | Trackback | Comments(0)

YOKOHAMA0702

e0051495_23103171.jpg

[PR]
# by satten0324 | 2017-07-15 23:13 | Trackback | Comments(0)

願いが叶う夏

冒頭の3秒くらいとりそこねた!
TOKYO GIRL
唐突に始まるんだもの・・・


[PR]
# by satten0324 | 2017-07-01 21:48 | Trackback | Comments(0)

庭の木になる実

環境が変わり、優しかった先輩がいなくなり、
去年から嫌で嫌でしょうがなかった人物と、
今度は一緒の係として仕事をせねばならない事態になり、
色々横から言われたり、業務に関係ないところでも腹立つ言動を繰り広げられ、
毎日が苛立ちと無力感と孤立感の日々。
いなくなった先輩の偉大さが身に染みて、そして、何より話せなくなってさびしい。
その他、上司の機嫌で変わる対応。恐怖。
長くいるのにいまだによく分からない恐怖。

業務的にも、一時期は、人ほど残業していないが、
(上司は平日もかなり遅く、土日も来ていた)
打ち合わせが定時後だったり、誰も帰らないので、帰りにくい。
大きな行事が終わり、そんな忙しさの時期を脱した頃に、
急に歯痛になり、その一週間後に腎盂腎炎になった。
どちらも疲労からくるものだそう。
(歯痛は虫歯かと思いきや親しらずの周囲がただれていたことによる。)
それぞれの先生から同じことを言われ、優しい言葉に、
そしてちゃんと病名があったことに、少し気持ちが楽になった。
2月にインフルになったばかりだが、
精神的なものも含め、体調を崩し、人に迷惑ばかりかけている。
上司に「お疲れ様でした倒れないでください」といいながら、
私が体調不良。馬鹿みたい。

働ける場所があってお金がもらえるのはとてもありがたいことで。
世の中の人がもっと大変な状況で働いていることも知ってる。
それこそ死ぬ思いで仕事行ってる人がいるのも知ってる。
だから、人よりずっと楽なはずなのに、なんでこのくらいで、と思われてると思う。
でも、なぜだか分からないけど、行くので精一杯だったりする。
たぶん私がひ弱だからだと思う。
情けない人間だけど、すみません。許してください。


[PR]
# by satten0324 | 2017-06-25 22:03 | Trackback | Comments(0)

Octopus Tour 2017

今年は一か月早いツアー。
e0051495_20290122.jpg
【セトリ】
クリーチャー
怒りの筆先
アヲアヲ
タルト
ショウタイム
念じる
苔の生したこんな代は
浮キつ沈ミつ
甲と乙
天邪鬼

絶対値
春は彼方
シダレザクラ

ノイロニテイル
みずいろの恋
シーホース
ホワイトホール
空想都市
ドルチェ

en)ヨスガ



いつも書いてる感想かもしれませんが、こりずに。
ユウさんの裏声はすっごい綺麗です。CDを超えて。
最後までずっと綺麗だもの、プロってすごいな。
アヲアヲやショウタイムみたいなポップな曲でも、裏声のところで、
ぐっと揺さぶられます。
(歌詞が好きなせいもあるけども。)
原曲の、ハモリがある部分は、ゆうさんは高い方をうたうようです。

イロハからの選曲が多かったです。
ノイロニテイルをライブで聴くのは初めてだったので、
新鮮でした。
いいセットリストだと思いました。
クリーチャーで始まり、ドルチェで終わる。
ライブで3人でハモる曲があまりないので、
その点でも、ドルチェの本編締めがかっこよかったです。

そしてアンコール。
3人ではもうやらないのかと思ってたので、嬉しかったです。
涙腺崩壊の、最高の締めです。


ちなみに、ヨスガのあの7秒~12秒のイントロの音(?)は、
ベースで出せるのだと、イワイさんをみていて、今頃知りました。
何回もライブみてるのに・・・


今回もqpsの新作を買いました。
色、デザインが気に入って、数年ぶりにツアータオルも購入。
曲ごとのモチーフが入っています。
e0051495_20294332.jpg




[PR]
# by satten0324 | 2017-06-04 21:17 | Trackback | Comments(0)