なんか、飛んでる。

misfire10.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ノンフィクション

今作は、また軽々と前作を超えてしまった。
総じて、好きである。
このアルバムの音、構成、全てが。

毎年この時期になると、重圧+チリヌルの新譜という、
交感神経が刺激される出来事が連続する。

エレメント・・・打ち込み全開。これ初めてじゃないかな?
        チリヌルと思えない、次元の異なるカッコよさ。
        疾走感溢れるメロディ。
        ただ、あえて「30を超えたら」、を入れてほしかった。笑
        まぁ、ユウさんの悟る時期が30手前だったんだな、きっと。

飾らぬヒト・・・詞、歌いまわし、
        タイトルの印象からもっとポップな曲かと思ってたから、
        いい意味で裏切られた感満載。
        このアルバムでの「和っぽさ」でいったらこの曲が一番かも。
        聴けば聴くほどよい! 

ノンフィクション・・・良メロで、音は他の曲よりシンプルな感じするけど、
           散りばめられている言葉ひとつひとつが素敵で、
           かつ、捉えどころのない感じがする。
           「おとぎ話にどんな夢を描こうとも 
            そこに実在しているだけで理由がつく」
            そんな発想したことなかったよ。
            でも、「許すこと」ってなんだろう・・・。
           ユウさんこれは何を表してるんでしょうか。
           じわじわくる。気がつけばリピートしている。

極楽浄土・・・イントロのギターリフのおしゃれ感にまずはっとする。
       作りこまれた感ある。その後、PVも見て色々考えた。
       PVみたら、強烈すぎてもうそれしか頭に浮かばない。
       ここでの浄土は、現実世界。

しがないPLAYER・・・社会人的スリリングな日常。
             普通に聴けばかっこいい。
             歌詞を見て、ニヤニヤする。
             最近、出勤が少し楽になった。
             大真面目に歌うのがかっこいいのだ、これを。
             そうか、GOGOにも近いんだ、
             このユーモアあふれる感じは。
             ミュージシャンって休日とか曜日の感覚あるのかしら?

馴レ初メ・・・いつも新譜を最初に聴くときは、
       歌詞カードを追いかけて聴くことはしないんだけども。
       その状態で聴いて、ダントツでぐっときた。
       疲れた日々に差し込む唯一の光・・・・
       一変するサビの空気感、歌詞の並べ方、「君」への一途さ・・・
       こんな切なくて、幸福に包まれる曲はなかなかない。
       ライブで聴いたらたぶん泣く。

ある人生・・・ もう一つのタイトル曲だ。感動的な閉幕。
        歌いかたの揺らぎ方が、感情移入してて好き。
         

コラムを読んで思ったけど、
「ノンフィクション」ってこの2曲だけじゃなくて、
ユウさんの世界が全部そうなんだね。
そして、生と死が変わらぬテーマが根底にあると。

イロハでいうと、馴レ初メがヨスガ、
ある人生がなずきに似ているような気がする。
それよりもっと月日を重ねて現実感が伴い、
今を生きている強いイメージ。

そんな構成のこのアルバムが、良くないわけがない。
極楽浄土の元イメージであるユウさんっぽさも気になりはする。
ループ的な曲ってチリヌルではなかったっけか?
ふたしかたしかも繰り返しってイメージではあったな。



[PR]
by satten0324 | 2018-05-20 20:10 | Trackback | Comments(0)